宝石鑑定・鑑別機材1

カラーグレーダー(COLOR GRADER)

ダイアモンドやカラードストーンの鑑定(グレード)や鑑別(Gem Identification)をおこなう際には、多様な機器が使用されます。

そこで代表的な機器やあまり知られていない器具などをご紹介していきたいと思います。

今回は御徒町で偶然手に入れることができた、GIA製のカラーグレーダーです。

 

カラーグレーダーは、主にダイアモンドのカラーをグレーディングする(色の識別、色評価)際に使用します。

ダイアモンドをカラーグレーディングする際の代表的な照明装置といえば、GIAが開発したダイアモンドライトやダイアモンドドックなどがあります。

これらはグレーダー(宝石鑑定・鑑別士)が検査する際にあたって、一貫性と再現性のある観察環境を提供するための重要な器具です。

光源としては、北側の窓からの午前中の光が良いといわれており、この条件に合わせた人工光源の下でカラーグレーディングが行われます。

 

その際になくてはならないのが、このカラーグレーダーです。

照明装置の中央に設置し、両端の軸を動かして宝石の向きや角度をかえて色を観察することができる、とても便利な器具の一つなんですよ。

商品撮影の際にもちょこちょこ登場致しますので、覚えておいてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。